有限会社東津商店は、観光土産品を主体として、地域の特産品を使用した食品の企画・販売を得意とする商社です。長年、観光土産品卸の専門業者として続いてきましたが、
近年は土産品に物足りなさを感じておりました。通常、土産品は旅行・贈答用として以外の用途がほとんどありません。お客様の日々の暮らしのお役に立ちたい。その思いから
「佐賀県産たまねぎスープ」を開発するに至りました。同商品は佐賀県のお土産の定番となり、県民の生活に根付きました。現在ではシリーズ累計で50万個以上を販売しております。
私たちは常に、地域の特産品を使用した実用的なご当地商品を通じて、特産品がお客様の暮らしの一部となることによって、特産品の認知度が向上し、私たちや生産者の暮らしが
豊かになるようにとの思いをもって取り組んでおります。

会社概要
会社名有限会社 東津商店
所在地佐賀県鹿島市浜町1392番地1
代表者東津 陽助
TEL0954-63-1156
従業員数7名
事業内容観光土産品卸売業
資本金900万円
取引先銀行佐賀銀行
沿革 
昭和23年4月初代、東津留助が佐賀県鹿島市新町にて菓子卸業として創業
屋号[東津商店]
昭和32年7月鹿島市浜町野畠高4135番地に店舗を移転
昭和32年3月鹿島市で「佐賀産業観光博覧会」の開催を機に観光土産卸部を併設
昭和59年3月鹿島市浜町1392番地1に社屋を新築移転
昭和62年2月長男、東津陽助が2代目として事業を引き継ぐ
平成9年7月有限会社 東津商店(資本金900万円)を設立
平成13年6月外食部門を併設。「博多南食堂」を福岡市博多区に出店
平成19年6月「博多南食堂」閉店
le id=2 /]